ウーマン

不要な住宅は家屋解体業者に任せて撤去|マナーやルールも確認しよう

新しく建て替える

住宅の解体工事

壊すのにもお金がかかる

日本の首都東京都には、たくさんの建物が立ち並んでいます。しかし、そんな東京都でも、建物を建て替えたり引っ越したりするために解体工事を行うこともあることでしょう。解体工事とは、現存する建物を一度壊してしまうことです。ただ闇雲に壊してしまえば良いというわけではないため、それなりにお金もかかってしまいます。東京都のような都心部においては、さらに解体工事にかかる費用が高くなる傾向があります。解体工事の仕組みは、大きく分けて建物の解体と付帯工事の二種類に分類することができます。建物の解体にかかる費用が建物解体費がメインになりますが、足場の作成や重機回送費なども必要です。また、付帯工事は物置やブロック塀、庭区や庭石など、建物の周辺にある付属品を解体する作業のことをいいます。建物の解体ほどの費用は必要ありませんが、付属しているものが多ければ多いほど必然的に多くの費用がかかることになります。東京都には解体工事をメインとして行っている業者も多く存在します。上記した費用は一般的な例ですが、建物から付属物まですべて込みで坪単価で計算している業者もあります。しかし、その場合には解体後に出た廃材の処分費用代が別途必要になることもあります。まずはホームページからある程度の費用を確認し、業者と密に連絡を取ることが大切です。一度壊してしまうともとには戻せませんので、入念な見積もり診断、事前打ち合わせを行いましょう。