作業者

不要な住宅は家屋解体業者に任せて撤去|マナーやルールも確認しよう

優れた解体業者の見分け方

工事現場

名古屋における解体工事業者選定では、専門として解体工事を行うところですと、費用も安く経験豊富で工事の質が高いことが多いです。また、書面契約をしていること、価格設定が適正で無理のない経営をしていることも、安心の業者選びのポイントです。そして、スタッフによる対応が真摯で信頼できる業者を選びましょう。

業者の資格等を確認する

おもちゃ

家屋解体のための工事を業者にお願いするときは、その工事を専門的に扱っているところに依頼するのがおすすめです。解体工事業者を選ぶ際には、工事の資格の有無、廃材処理のマニュフェストなどを確認する必要があります。大阪市内には、解体工事を専門に扱っている業者が多数営業していますので、良心的な業者を選ぶ必要があります。

新しく建て替える

住宅の解体工事

東京都には解体工事を行う業者が多数存在します。一般的には、建物の解体と物置や庭木を解体する付帯工事で分けられ、別々に料金が発生する仕組みです。業者によっては坪単価で計算するところもあるため、まずは事前準備をしっかりと行いましょう。

古家の上手な撤去の仕方

解体工事

業者選びがポイントです

近年ではマイホームの建設が多くなっています。最初に土地を購入してその土地の上に家を建てるというのが一般的ですが、購入した土地に古家があることも少なくありません。この場合には古家を撤去する必要があり、その撤去を専門業者へ依頼しなければなりません。マイホーム建設が盛んな大阪では、こうした家屋解体も頻繁に行われている状況です。このため大阪には多くの家屋解体の専門業者が展開しています。大阪で家屋解体を専門業者へ依頼する際の準備すべきことやその費用相場について知っておきましょう。家屋解体を専門業者へ依頼するときの準備としては、まず近所へ挨拶することが挙げられます。家屋解体では騒音や工事車両の出入りなど近所へそれなりの負担が伴います。特に多くの人が住む大阪では近隣への影響が大きくなります。そこで家屋解体をする前に近所に挨拶をしておくことが重要となります。このとき専門業者とともに挨拶回りするのがベストといえます。また専門業者が廃棄物の許可を受けた業者であるかどうかも事前に確認しておく必要があります。家屋解体では様々な廃棄物が発生します。その廃棄物を搬出・処理するにはきちんと許可を受けた業者でなければなりません。許可を受けていない業者が廃棄物を処理すると、その業者はもちろんのこと廃棄物を出した顧客側も罪に問われることとなりますので、この点は十分に注意する必要があります。家屋解体を専門業者へ依頼する際の費用については、解体の規模にもよりますが概ね古家の延床坪数あたり約5万円程度となっています。